造園業者に庭づくりを依頼する基本的な流れ

造園の依頼は無料相談とプラン作成から始まる

造園業者に庭づくりを依頼する基本的な流れ

はさみ

契約までの流れ

仙台で造園業者に造園を依頼する場合は、始めに資料請求や無料相談を行いましょう。無料相談だと、アドバイスをもらったり、質問をしたりすることができます。造園の方向性が決まるとプランの作成に移ります。スタッフがあなたの自宅へ現地調査へ伺い、あなたの細かな要望を聞きながら実際の造園プランを具現化していきます。業者スタッフに要望を伝える際は、抽象的に伝えるのではなくできるだけ具体的に伝えるようにしましょう。理想とするお庭の写真などがあると業者スタッフも理解しやすいでしょう。打ち合わせを何回か行うとプラン作成が完了します。できたプランに納得すれば、契約に移ることができます。納得できない場合は細かいところを修正していきながら理想的なプランを再度作り直します。

契約後の流れ

見積金額とプランに納得して契約をした後は、いよいよ施工工事に移ります。施工工事は、騒音がでる場合もあるのであらかじめ業者のスタッフが近所へ挨拶に回ることもあります。施工工事の時間はお庭の広さやプランの複雑さによって大きく変わります。一日で終わる場合もあれば一週間以上かかることもあるので、あらかじめ施工工事の期間は把握しておくことが大切です。工事が終了すると、依頼者が完成したお庭をチェックします。プラン通りに作成されているか細かい点まで確認することが大切です。ほとんどのケースでは、理想的なお庭に仕上がっていますが、まれに思っていたような庭と違う出来栄えになっていることもあるので、その場合は修正が可能か質問してみましょう。完成後のお庭に納得すると、引き渡しが行われ一連の流れが終了となります。

広告募集中